中学部の特長

CIMG4452

啓泉学館鳴和校の中学部の特徴です。

講師は専任教師

集団クラス授業の先生は啓泉学館の専任教師で指導しています。

学生アルバイトが先生ということはありません。

学生はよくない、専任講師がよいとは一概にはいえませんがチェックする基準の一つです。

同じ月謝を払うならやっぱり信頼できる先生がいいですね。

 

授業内容は泉丘・二水・桜丘合格に照準を合わせたレベル

通常の授業、講習の授業は泉丘・二水・桜丘の合格する力をつけることを目標としています。

通常授業では学校の先取り授業で学習内容を理解します。

講習ではその学習内容の復習と、入試・実力テストレベルの問題までを扱います。

桜丘高校を目指すには最低定期テストで400点が必要です。

400点取れていない子はまず400点をとるための授業からスタートします。

詳しくは400点コースをご覧ください。

 

集団授業と演習

数学は集団指導、英語、国語、社会、理科は演習を中心に行います。

演習授業では生徒一人ひとりの学習理解度にあわせて適切な問題を選び力を更に伸ばします。

 

わかるまで、できるまで徹底的にやりぬく力を養います。

自分一人で正解にたどり着くまで粘り強く問題に取り組めることができるようにしていきます。

どうしてもたどり着けない場合は講師が少しだけ手助けをします。

 

高い意識を持った生徒が揃っています。

授業中はもちろん、自習中にしゃべる生徒はいません。

みんな真剣そのものです。

子どもたちは良くも悪くも環境に影響されやすいです。

周りが勉強していると自然と集中して勉強するようになります。

同じ志望校を目指すライバル、友達、先輩、、、

その真剣な姿を見て子どもは成長していきます。

このように勉強に集中できる環境に身をおくことでより一層の学習効果が得られます。

この環境を維持するために宿題をやってこないなどのやる気のない子は退塾となることがあります。

 

自習できます。

自習は塾の開いている時間ならばいつでも好きなときにきて自習をしてもかまいません。

勉強ができる環境での自習はとても効果的です。